まっしゅぽてとのブログ

東京在住共働き妻の日記。バリキャリでもなくゆるキャリでもなく、日々まじめに会社員兼業主婦をやってます。現在第一子妊娠中。

出産しました!


10月某日、無事出産しました。

元気な男の子でした。

産まれてからは怒濤の日々です。


○陣痛が始まるものの…

出産日の二日前から、陣痛らしきものを感じていました。

でも、さほど痛くもなく、間隔もまちまちで、所謂前駆陣痛というやつでした。

出産日の一日前、陣痛が規則的になったものの、20分間隔から縮まらず…。

一応産院に電話してみましたが、待機するよう言われました。(そりゃそうだ)


その日まで、赤ちゃんが待ち遠しかった私は散歩をしたり、マタニティヨガをしたり、好きな映画を見ながら乳頭刺激をしていました。

ですがその日は異様なほど眠く、日中ゴロゴロ・ウトウトして何もしないまま過ぎました。

あとから思うとそこでたっぷり寝たことが良かったな~と思いましたが…偶然?


続く陣痛にドキドキしましたが間隔は縮まることなく……寝ようか、ということになりました。

ベッドで夫と話をしていると、今まで一番強い胎動(思いっきり蹴られた?)、ばちんという音、股間からどろっとした液体を感じ、

「破水だ!!!」

と飛び起きました。

私のおなかに手を当てていた夫もその衝撃を感じたらしく、

「この子絶対蹴って自分で破水させたよね」

と、語ります。

私もそう思いましたが、昼の睡魔といい、まるでお腹の中の赤ちゃんに自分の体が操縦されているような不思議な体験でした。


産院に駆け込んだところ、とりあえず分娩室へ運び込まれ、子宮口などをチェック。

まだ本陣痛は始まっていないということで、その夜は入院することに。

夫と別れ、一人病室で眠る……段々痛みが増してきますが、まだ我慢できないほどではないので、体力温存のため目を閉じて横になりました。

そしてしばらくし、トイレへ行ったら大出血。

あわててナースセンターに駆け込んだところ、NSTのち、分娩室へ行くことになりました。


○旋回異常!?

出産については予習していたので、とにかく有効な陣痛が来るときまで体力を温存しておくのが大事だという認識の元、

持参したおにぎり&チョコとポカリを飲んでできるだけリラックスして横になっていました。

そこへ当直の医師が。

「赤ちゃんの回り方が逆なので、心音が弱る瞬間がある。このままだと帝王切開したほうがいい」

胎児は回転しながら産道を通ってきますが、逆回転すると引っかかってうまくいかず、困難になることがあります。

まさかの展開でしたが、赤ちゃんの命第一ということで了承しました。

たぶん陣痛が弱いことが原因だから、促進剤を使ってみると良くなる、体位は四つん這いにすること、と指示され、それから7時間、促進剤を打たれ四つん這いで分娩に挑むことになりました(笑

途中、助産師さんが人をダメにするクッションを持ってきてくれたので楽になりました。




…が、やはり終わった後腕の筋肉痛になりましたね普通に。


結局、旋回異常は治り、無事に男の子が産まれました。

へその緒が長く、あちこちに絡まっていたそうですが、とても元気いっぱいに泣いていて一安心。


助産師さんに赤ちゃんを抱かせて肌と肌を触れ合わせてもらい、おっぱいを飲ませてあげました。

母乳が出てるかどうか分かりませんけどね(笑)

早期母子接触には、赤ちゃんが母親の常在菌をもらえて抵抗力がつく、母乳の出がスムーズになる、母体の出血が抑制されるなど、良いことずくめなのでバースプランに希望しておきましたが、良い思い出になりました。


促進剤を使ったので通常より痛かったはずですが、思ったより辛い!っていう感じはなく、その点は優等生な子だったのかな~と思います。




共働き日記ランキング
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

実際の妊活記録3 生理は来なかったけど無事妊娠した話


こんにちは。まっしゅぽてとです。

ほぼ諦めかけていた妊娠ですが、ななんと、最後の1ヶ月で見事に引き当てたのです…!


○2018年2月17日(土)
妊娠検査薬、初の陽性反応でした…!



○ことの発端
ある日、夫が「妊娠検査薬使ってみたら?」と言い出しました。

11月の月経から今日まで無月経で、やさぐれ気味でしたが、彼の話を聞いてみることに。

「今まで全然食べたがらなかったのに、やたらカップめんとか、スナック菓子とかを異様に欲しがるようになった。なんかおかしい」

「胸もずっと張ってる」

「月経も来てない」

……。

言われてみれば、そうかもしれないと思いました。

月経が遅れていたのは、ちょうど次の月経予定日に39℃の熱が出て寝込んだためだと思っていました。

しかも仕事で色々あり、ストレスマックス。

更に1月いっぱい、咳だけしつこく残るという最悪のコンディション…。


しかし、ピルを飲む前、月経周期はかなり順調なタイプでした。40日以上来なかったことはほぼありません。

そこで、妊娠検査薬を使ってみました。寝起きのタイミングで。

すると、めちゃくちゃクッキリ陽性反応がでてビックリ。

何かの間違えかと、お昼に再検査しましたがやはりはっきりとした陽性反応。

「いつの子…?」

最終生理日がなんせ3ヶ月ほど前なので、まったく検討がつきません。

1月の第一週に検査したとき陰性だったのは確かですが、妊娠検査薬に反応し始めるのは3週目頃からですし…。

(参考:WHOが定めた妊娠週数〈http://www.pixy.cx/~kamosika/1/syusu.htm〉)


とにかく、そのまま近くの目をつけていた産院に電話をし、一週間後に受診することにしました。

なぜ一週間後にしたのかというと、化学流産の可能性があるからです。

目論見としては、金曜日出張なので木曜日の夜などに再検査し、陽性ならそのまま病院へ行こうという魂胆です。


※化学流産とは…
妊娠検査薬が陽性反応を示したものの、超音波検査で妊娠が確認できる前に流産してしまった状態。
ちなみに超音波検査で妊娠が認められた場合、臨床妊娠と呼ばれ、その前の段階は化学妊娠と呼ばれるそうです。


何というか…神様って本当にいるのかもしれません。

いや、我が家の新入りが空気読めすぎているのかもしれませんが。



○やはり妊娠検査薬で陽性反応あり。

2月22日(木)、妊娠検査薬を使用したところ、やはり陽性反応でした。

と、いうわけで、翌々日、行ってきました。



○妊娠5週目でした

病院についたら、まず問診票を4枚くらい書きました。
(自分と夫のプロフィールから、持病&既往症、月経について等々)

そのあと、検尿、血圧、体重測定…。

で、医師に診察してもらいました。

軽く問診して、いざ、内診。

…超音波検査で、ハッキリと丸い胚が見えました!

心拍も見えて、シュコシュコ動いているのが見え、感動。

大きさ的に、恐らく4週目~5週目では、とのこと。

意外と最近着床した子みたい…と思ったら次の検診で1週間遅くなりました。この時点で6週目だったようです。

まだ流れやすい時期なので、2週間後にまたおいで、とのことでした。



○もうつわりが。

噂には聞いていたし、個人差があるとも聞いていましたが、妊婦5週目にしてすでにつわりが来ました。

気持ち悪いわ、眠いわ、すぐ疲れるわで最悪です…。

ただ、つわりというのは正常な妊娠の証拠らしく、妊娠初期につわりのない妊婦の30%が流産するのに対し、つわりのある妊婦は8%が流産するそうです。

(逆に言えば、つわりのない妊婦でも70%は流産なく行けるんですね)

つわりがなくても心配する必要はありませんが、つわりがあると赤ちゃんが順調に育っているんだよ、というお医者さんの言葉は、気休めでなく本当ということですね。

と、己を慰めつつ日々を過ごしました。



共働き日記ランキング
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


実際の妊活記録2 ピルをやめた後ちゃんとした生理が来なくてどうしようかという話


こんにちは。まっしゅぽてとです。

前回はさんざんな目にあった話をしましたが、
その後どうなったのか、続きを書きたいと思います。


○”ちゃんとした”月経が来ない。

産婦人科にお世話にならなくとも、
月経はちゃんと来るようになりました。

ただ、やはり”ちゃんとした”月経じゃないなーと感じています。


①まず、経血が薄いし、1~2日くらいで出血が終わります。
ピル服用時代の疑似月経みたいな感じです。

②月経周期も不安定。私は元々安定していたので分かりますが、
38日周期だったり、42日周期だったり、26日周期だったり。

③基礎体温もちゃんと低温期・高温期に分かれていない。

④ピル服用前は月経前困難症(PMS)とは無縁でしたが、
たまにそれっぽいものを感じるようになった。


ピル服用をやめたことで、体内ではホルモンバランスをとるためにがんばっているんだな~と思いつつ。

(後で考えてみたら、色々薬剤を飲んでしまったのが良くなかったのかも…と反省しました)

ちゃんとした月経が来ていないので、妊娠できないのもムリはないかなと思いつつ過ごしておりました。



○…と思ったら、”ちゃんとした”月経が来た!

2017年11月18日、
つまりピル服用をやめてから約8ヶ月後、
”ちゃんとした”月経が来ました。

経血の量も多いし。
基礎体温もきちんと低温期・高温期に分かれていますし。

まあ、
「生理来ちゃったのか…」
と、夫が地味に落ち込んでいましたけど。

「ちゃんとした月経が来ていないから、
それが原因で妊娠できないんだと思う」

と夫には説明してあるんですがね。


私が喜んでいる横で、
「俺の精子は気合いが足りない…」とつぶやいていました。

意外と体育会系な発言。

妊活を通じて、彼の新しい一面を見た気がします。


とりあえず「平均妊娠周期は3.5ヶ月だから」
と説明しましたけど。

「でも、これだけずれこんだら、保育園1歳児枠狙うか3~4ヶ月で預けるかになるよ」

ズンと重い言葉です。



○しかも年末に高熱が…。

当時、仕事でも大きくストレスがかかった時期でした。

そして年末の最終出勤日に発熱……。

39℃超えた熱なんて、たぶん小学生以来でした。

ちょうどその時期が月経予定日辺りだったので、

「もはや今年はこれまでか」

と、来年に思いをはせました。

ちなみにストレスと風邪で、このとき結構体重を増やしてしまったりして…。



夫と話し合って、シミュレーターと睨めっこしながら、

「もう1周期待ってみようか」

ということで、妊活も翌年1月はじめまで続けました。



続きます。



共働き日記ランキング
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


プロフィール

mushpotate

アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ